今思うこれからのこと

英日特許翻訳チェッカーのトライアルですが、一旦終了しました。
最初は一つも指摘できなかったらどうしよう、と不安でしたが、いざ始めてみると指摘だらけ。
細かく指摘しすぎて、面倒な奴だと思われるのではと逆に不安になってしまいます。
締切日は27日ですので、明日もう一度見直して、27日の朝に提出しようと思います。

さて、トライアルも韓国語特許翻訳の実ジョブも一段落しました。
今後のことを考えてみたいと思います。

私のレバレッジ特許翻訳講座の受講期間は5月末日までです。
残り3か月。
勿論、受講感想は書くつもりなので、もう少し期間は延長されると思いますが。
でも一旦、残り3か月をどう過ごすのか、今考えていることを書いてみたいと思います。

受講を開始した去年の5月中旬と今とでは、私の状況は大きく変わりました。

横浜に単身赴任で一人暮らしをしていたのが、今は大阪に戻って家族と暮らしています。
滅茶苦茶な状況でつまらない仕事だったのが、大変ではあるものの私のSEとしての専門スキルを活かせるやりがいのある仕事を今しています。
職場の人間関係も、今はとても良好です。
中には10年以上前から一緒に仕事をしている人もいたり、気心の知れている人達が多いので、仕事もやりやすいです。
そしてギャラも大幅にアップしました。
正直、今の収入には満足しています。

この状況で、正直に言うと、今の時点で本業を捨てて、特許翻訳者として独立しようとは考えていません。
暫らくは本業を続けます。
そして、今の本業の状況が続いている間に、PCや辞書、ソフト等大量に購入します。
今の本業の案件が今年1年続くのであれば(多分続きます)、200万円位は投資するつもりです。
逆にこれ位投資しないと、副業の収入もあることを考慮すれば、来年の税金がやばいです。
本を除けば、再来年以降はもう買うものがない、という状態にするつもりです。

それでも、十分自覚していることですが、今の本業の状況が年単位で続くわけがないです。
必ず、それもそう遠くはない時期に、ギャラの安い案件に回されたり、また東京に行かないと仕事がない、という状況になります。
何故東京?、大阪にも仕事あるでしょう、と思われるかもしれません。
私のSEとしての専門業種は生命保険なのですが、生命保険のシステムの仕事の9割以上は首都圏に集中しているからです。
でも、ようやく大阪に戻れて家族と暮らせるようになったのに、また東京で単身赴任なんてしたくはありません。

そういう状況になった時には、本業を3か月程度休んで、その間にトライアルを受けまくって、合間に勉強しまくって、一気に独立へと立ち上げたいと考えています。

逆に、(幸運にも)今の本業の状況が続くのであれば、随時トライアルを受けて、特許翻訳を副業で続けて、タイミングを見て独立したいと思います。

では、講座の残り3か月をどう過ごすか、考えたいと思います。

まず、トライアル応募は暫らく止めます。
本業多忙かつ実ジョブ(韓国語)をやりながら、トライアルはきついし、勉強できないです、時間的にも、精神的にも。

実ジョブ(韓国語)は慣れるまで、チェック案件だけにしてもらい量も減らします。

そしてできる限り勉強に時間を使いたいと想います。
専門をIT以外にも広げることができるよう、岡野の化学、橋元の物理、その他の講座のビデオを終了させたいと思います。
ストップしている半導体の明細書読み込みも再開します。

新たな実ジョブ獲得よりも、特許翻訳者としての能力・実力を上げるための勉強を優先して残りの受講期間を過ごしたいと思います。

管理人様からは怒られそうですが、自分なりに考えた結果です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です