韓国語特許翻訳トライアルの件

韓国語特許翻訳のトライアルの件ですが、結論から言えば条件付きで合格しました。

条件とは、以下の2点。
・韓国人の翻訳結果(特に韓国語→日本語)のチェックを主に依頼する。
・手が足りないときは、翻訳を依頼することもある。

そもそも今回のトライアルは、偶然と言うか、成り行きでチャンスをいただきました。

私は5年程前まで約2年間、副業で韓国語の一般翻訳・ビジネス翻訳をしていました。
レート低下や本業の都合(関東への単身赴任)で止めてしまったのですが、当時のコーディネータの1人とは個人的な付き合いがあり、毎年年賀状の交換だけは続いていました。
今年の年賀状に、特に意図があったわけではないのですが、「今、特許翻訳の勉強をしている」の様なことを書きました。

それで突然、そのコーディネータの方から電話があり、トライアルの誘いがありました。
そのコーディネータの方は、当時とは別の翻訳会社に転職して、特許翻訳も扱っているから、ということです。

条件付きとは言え合格しましたが、正直嬉しいという気持ちよりも、どうしようかという戸惑いの気持ちの方が強かったです。
まず英語で始めるつもりでしたし、韓国語の用語集やメモリーも全く作れてないです。
そもそもこの2年程は、全く韓国語を読んでなかったですし。
かなり韓国語の単語とかも忘れている状態です。
それに、ここで韓国語の仕事をしてしまうと、ただでも本業が多忙になっていく状況で、講座の勉強や英語でのトライアルに支障をきたすのは明らかです。

でも迷った末に、仕事を受けることに決めました。

理由は、まず声を掛けてくれたコーディネータの方への感謝の気持ちから。
そしてもう一つの理由として、韓国語の辞書や資料を手に入れるルートを紹介してもらえるからです。
日本では、なかなか技術関係の韓国語の資料は手に入らないから、これはありがたいです。

勿論仕事量はセーブします。そのことは伝えています。
(平昌オリンピックのネットニュースの翻訳やる?、と聞かれましたが、さすがに断りました)

ま、無理なら断れば良いだけですからね。

トライアルで韓国語の技術関係の資料をネットで探しまくりましたが、あまり紹介できるようなものはなかったです。
でも、キーエンスのこのページは、英語や中国語の翻訳にも役立つかなと思いますので、紹介したいと思います。

FA用語翻訳辞典

ダウンロードもできるし、かなり充実した内容だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です