同士?、同志?:学習記録(180109)

今朝読んでいた日本企業の明細書に、こんな文章が。

例えば「趣味趣向の変化」が似ているユーザ同志をセグメンテーション化したユーザグループの特定パターンを選択し

「ユーザ同志」って。北朝鮮じゃないんだから、と少し呆れて、この企業に不信感を持ちました。
この会社の回線は絶対利用しないようにしよう、なんて。

仕事を終えて帰宅して、少し気になったので、「ユーザ同志」で特許庁データベースを検索してみたら、53件もヒットしました。
勿論「ユーザ同士」の方が格段に件数は多いのですが、でも想定外でした。

他にも「面同士」が「面同志」となっている明細書も結構沢山あったりします。

もしかしたら、今や「同志」と「同士」は同じ意味になってるのでしょうかね。
まさか。


今日の学習記録

学習時間:約6時間。

視聴したビデオ
0243 3M フルオロポリマー特許を読む(20)

読んだ明細書 : 2件

その他
IT通信関連の明細書の【背景技術】の自力翻訳と日本語訳との比較


今朝は2時ごろに目が覚めてしまい、どうしてもその後眠れませんでした。
2時台とかに起きてしまうと、本業の最中に、眠気に耐えれなくなってしまうことが多いです。
今日も昼休みに昼飯も食べずに熟睡してしまい、周りの人に心配されました。
いくら早起きが良いと言っても、限度がありますね。
明日は3時位に起きれますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です