日々雑感(180105)

1.初出勤

2018年初出勤でした。

いきなり脱線しますが、2018年と聞いても特に何も感じない、新しい年が来たんだなと思うだけです。
でも、平成30年と聞くと、何故かドキッとします。
あ~、年取ったな、と強く感じます。
多分、昭和から平成へと変わった時の様々なことが、まだ強く記憶に残っているからだと思います。

如何でしょうか?
これを読まれている同世代の方々、そう思いませんか?
もう30年ですよ、早いですね、お互い苦労しましたね(笑)。

話をもとに戻します。
まだ1月の5日。きっと朝の通勤電車もそんなに混雑していないだろうと予想していました。
ところが、普段以上の混雑ぶり、驚きです。
私が大阪に帰ってきてから約1月の間で一番混雑していたかと思います。

それでも、所詮は大阪の満員電車、東京と比べたら、屁みたいなもんですね。
私は大阪でも最も混雑すると言われている地下鉄御堂筋線で通勤していますが、混雑しているといっても東京の満員電車と比べたら大したことない。
だって、ずっと明細書読めるし。
東京だと、本を読むとか、明細書を読むとか、ありえないくらい混雑していたことの方が多かったと思います。
大阪に戻ってきて、一番良かったなと思うのが、大して混雑していないから通勤が楽だということです。

東京(本当は神奈川ですが・・・)時代、満員電車で一番辛かったのが、去年の春頃に通勤に使っていた南武線。
川崎から登戸まで約30分だったのですが、あれは本当に辛かった!
始発駅の川崎から乗っていたので、確実に座れるのですよ。それでも辛かった!
2回程、あまりの混雑ぶりに、登戸で降りられなかったことがありました。

そして一番辛かったこと。
ある日、いつものように川崎から南武線の列車に乗って、座席に座りました。
途中の駅で、短パンはいた若いお兄さんが乗ってきて、私の前に立ちました。
段々、社内が混雑してきて、武蔵小杉当たりでもう超満員。
私の前に立っていたお兄さんが、他の客に押し付けられるように私に接近。
ついに、私の膝にそのお兄さんが跨るような状態になってしまいました。
そう、短パン穿いたお兄さんの股間が、直接私の膝に押し付けられるような状態になってしまったのです。

今でも覚えてます。
すごく、ものすごく、気持ち悪かった!!

(じゃ、若いお姉さんだったらどうなんだ、なんて聞かないでくださいね。
もちろん、全神経を膝に集中させていたと思います・・・)。

何を言いたいのか判らなくなってきました。
ま、こんな今年の初出勤でした。

2.トライアル応募

CVを管理人様にチェックしていただき、1月4日の早朝、2社(特許翻訳と産業翻訳)に応募しました。
今のところ、リアクションはありません。
ま、まだ正月休み期間のようなものですからね。
状況次第で、来週別の会社に応募しようと思います。

1月2日はずっと応募先を選定していました。
その作業をする中で、色々と考えたこと、思ったことがあります。
このブログにその思ったこと、感じたことを書いて、自分自身の気持ちを整理したいと思います。
近いうちに(今日はもう眠いので・・・)。

3.フーリエ変換

今朝はNTTの「データ圧縮収集システム、ネットワーク接続装置、データ圧縮収集方法およびプログラム(2017-103580)」という明細書を読み始めました。
IOT、M2M、センシング関連です。

この明細書を読み解くには、フーリエ変換が判らないと理解できないことが判明しましたが、今朝は時間不足で踏み込めませんでした。
明日は、仕事休みですので、フーリエ変換と格闘するつもりです。

今日の雑感は以上、本当にただの雑感になってしまいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です