日々雑感(171221)

先日のEStorageに続いて、今朝、今度はTradosが起動しなくなりました。

帰宅してネットで調べると、解決策らしきものを発見。
このページです。

第2手順を試してみると、あっけなく解決しました。

C:\Users\[USER_NAME]\AppData\Roaming\SDL\SDL Trados Studio\14.0.0.0
のフォルダー内にある3つのファイルをリネームしただけなんですけどね。

しかし10万円もするソフトの異常時の対応方法としては、お粗末すぎではないでしょうか?
それに、私は昔から「XXX.ini」とか「YYY.sys」なんて名前のファイルの中身を変更したりするのに慣れているから、大丈夫ですが、
あまりITに強くない人だと、こんな重要そうなファイル名を変更するのは怖いですよね。

SDL社はもう少し考えていただきたい、と小一時間ほど説教してやりたい気分です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です