雑感

日々雑感(171014)

1.何かが変わった

先日、職場に現状の改善要望を出した、という記事を書きました。その続報ですが、実は完全に無視されています。
でも、それも仕方がないと思わざるを得ないほど、今職場は大混乱しています。

簡単に言えば、私の所属しているチームとは別のチームのメンバー達の、あまりにも酷過ぎる過重労働が大問題となり、今のプロジェクト自体が中断するかもしれないという状況です。

例の電通の件以来、この過重労働当たり前のIT業界も、流れが変わったと思います。過重労働だから、スケジュールを変更する、要員を増やすとかの変更は今までも経験がありますが、プロジェクト自体を中断させるなんてことは、さすがに経験がありません。

でも勘違いしては駄目。経営者が労働者の健康や身体を心配してこのような流れになってきてるわけではないです。経営側は社会からや行政からの制裁を恐れているだけです。労働者にやさしい、働きやすい社会なんて絶対に来ませんから。

しかし困ったのは私です。どう動けば良いのやら。まだ先が見えませんが近々大阪に帰るかもしれません。semicon行きたかったな~。

2.Trados

すっかり慣れました。コスパ高いですね。こんなソフトが10万位で買えるなんて。使えば使うほど、レバレッジが効いてくるのが想像できます。
Tradosを使わない(使えない)翻訳者のことを、管理人様はよくぼろかすに言ってますが、本当にそう思います。そんなに難しくないですよ。解説ビデオとかサイトとか幾らでも探せばあるんだから。

ま、私の場合はIBMや富士通のホストで動く、ユーザ・フレンドリーなんて概念すら全くない色々なソフトやツールをさんざん使って来ましたから、大抵のソフトは大丈夫なんですけど。
だってそんなソフトやツールを使えないと仕事にならないのだから。関数電卓を使って16進数⇒10進数に変換しながら、メモリーダンプ解析ツールを使って障害検知作業とかしてましたし。懐かしいな~。

3.専門分野

5か月経って今さらですが、専門分野・得意分野をIT中心に広げていくこととしました。
マインドマップでITを真ん中にして周辺分野を広げていく感じです。
今マインドマップを作製しています。出来上がったら、それにリンクする明細書を探して読む。
幾らでもあるし幾らでも広がる。IT⇒通信⇒RFIDタグ⇒フェーズドアレイ・アンテナ⇒半導体とか。

自分のSEとしての経験は、特許翻訳では無価値ではないことが判りました。
得意分野もそうですけど、明細書の図でもブロック図とかフローチャートを読むのには何の抵抗もないですし。
だって自分でも大量に書いてきましたからね、特にフローチャートは。

今作製中のマインドマップは、もう一度ブレインダンプをしているようなものですね。

4.化学のドレミファ

1巻以外の絶版になってしまった「化学のドレミファ」ですが、大分安くなりましたね。

私は図書館で借りて、●●しましたが、諦めていた方は今なら安く買えますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です