自分はレベルが低いと認めるところから始める(学習記録(170822))

学習時間 : 約7時間

日本語明細書精読1件(太陽電池)・・・完了
対訳取り(IT分野)・・・継続
読書
「電池のすべてが一番わかる (しくみ図解)」読了


今日のふりかえり

昼の新幹線で東京に戻りました。車中の2時間は読書がはかどります。毎日乗りたいくらいです(笑)。

太陽電池に関する明細書を読んだのですが、これは面白かった。はじめて腑に落ちました。
そして気づきました。読む明細書は選ぶべきだと。
私はレベルが低いのだから、少し頑張って調べて理解できるような明細書を選んで読む方が、実力がアップするのだということを。実際、今日読んだ明細書は技術的に難しいものではなかったけれど、太陽電池に関する基本的な知識は身に付きました。

今までは特に理由もなく、適当なキーワードで検索して、ページ数が少ないものを印刷して読んでました。でも要約からしてよく判らない明細書を色々調べまくって読んでも、あまり身につかなかったように思います。かえって自信がなくなるという感じで、不安になってしまいました。

どうせ今の自分はレベルが低いんだから、それを認めるところから始めます。高校生用の本で理解できないのであれば、中学生用。それも難しいのなら、小学生用でも読めば良い。図書館に行けばそんな本は沢山あります。

自分はレベルが低い、背伸びをしても仕方がない、そのことを認識します。でも今は低いレベルを毎日毎日一歩でも上げることで、目標を達成してみせます。


明日の予定

今日と同じ。明細書精読と対訳。昼休みは読書

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です