方針転換

迷いましたが、やはりブログに学習ログを残すこととします。

受講期間が残り10か月となりました。今のまま勉強を続けても結果はでない。もっと自分を追い込まないといけない、そんな気がしています。結果を出されている方の受講中のブログの記事を読むと、本当にそう思います。

学習方針を変更することに決めました。以前かなり細かい学習サイクルでやっていこうという記事を書きましたが、実際にやってみると1週間続かなかったです。1つ1つのタスクをこなしても中途半端に終わってしまってるようで、消化不良な感覚が拭えませんでした。時間がないから1日に複数のタスクを消化しないといけないというのは、完全に業務の発想でした。学習の観点では、期間単位に重点的に消化するタスクを中心にスケジュール化した方が有効かなと感じています。

そう考えた結果、今後の方針は次のようにしたいと思います。
1.しばらくは理系の基礎知識習得を最優先タスクとする。
2.半導体からはしばらく離れる。
3.対訳シリーズを第2優先タスクとする。

1.については岡野の化学のビデオシリーズを視聴します。前の記事で岡野さんのテキストについての不満を書きましたが、あのテキストは独学には向かないと思うのと、管理人様がどのように「特許を読み解くために必要な知識として」解説されるのか興味があります。
いつまでも理系の知識に苦手意識を持ったまま学習を続けるよりも、一定期間集中した学習をすることで、苦手意識をある程度払拭した方が、今後の学習に役立つと思っています。
後悔しているのは、もう一月前に気づきたかった。でも過去をどうこう言っても仕方ないです。未来を変えるために、今を変える。そのための方針転換です。

2.半導体については何度もおもしろいと書いてますが、その面白さを特許のレベルまで引き上げるのは、今の私では難しいです。化学以上に苦手意識を持ってる物理や数学の基礎知識がないと理解はできない。将来的には得意分野としたいという気持ちは変わりませんが、しばらくは離れたいというか、タスクからは外します。

3.対訳シリーズは最初のうちの1本のビデオの時間が短いものから始めています。300本期間中に、漠然と見飛ばしていたP&Gを実際に手を動かしながら再度視聴します。

もう受講期間の1/6が過ぎてしまいました。残り10か月しかないです。すごく焦ってます。別に1年じゃなくても、受講延長すれば良いという気持ちも正直、少しあります。でも何らかの結果を、最低限の結果でも、この期間中に出さないと気持ちが折れてしまうかも。そうはなりたくはないから、今のタスクを精一杯こなしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です